ランサムウェアとは コンピュータウイルス感染時の被害低減

ランサムウェアとは コンピュータウイルス感染時の被害低減。質問に答える前に、この問題自体に問題があります。コンピュータウイルス感染時の被害低減させるため、実施て有効でないのどれか

1)定期的アクセス履歴確認する
2)定期的ウイルスチェック行う
3)定期的IPアドレス変更する
4)定期的デー タバックアップ行う
5)定期的ログインパスワード変更する

答え:3

選択肢1 2 4 5の有効な理由、選択肢3の有効でない理由
各選択肢ずつぞれ 初級シスアド過去問題。コンピュータウィルスによる被害の発生を食い止める方法として,効果のある
ものはどれか。 初級シスアド 平成年度 午前 問 ア ウィルス感染の危険性を
軽減するために,プログラムは複数のフロッピーディスクにコピーしておいた中
から,ランダムウ パーソナルコンピュータにウィルスチェックソフトウェアを
インストールしておき,必要に応じてウィルスの有無をチェックする。ウ 感染
が明らかではないが,潜伏している可能性があるので,すべてのファイルを削除
する。

情報管理担当者のための情報セキュリティ対策。企業や組織の情報セキュリティを確保するためには。どのようなリスクがあるか
を把握して。適切な対策を実施することが重要です。 外部にノート自宅や外出
先にてノートパソコンをインターネットに接続することによるウイルス感染ランサムウェアとは。自社の利益を守るためにも。ランサムウェアによる被害やへの侵入経路を理解
して。有効的な対策を検討しましょう。一方で。暗号型ランサムウェアは広く
普及しているわけではありませんが。ファイルを開けないよう暗号化する
ウイルスは。コンピュータウイルスとも呼ばれる。プログラムの一部を書き換え
て自己増殖するマルウェアです。や文章。スマートフォンのアプリケーション
になりすまし。悪質でないプログラムに見せかけてコンピュータの内部

コンピューターウイルスに感染しないためには。パソコンやインターネットを安全に活用するためには。コンピューターウイルス
に感染しないように予防していくことが大切です。ここでは。ウイルス感染予防
のための5か条をご紹介します。コンピュータウイルス対策基準。すべての機能をご利用いただくにはを有効にしてください。主旨 本
基準は。コンピュータウイルスに対する予防。発見。駆除。復旧等について実効
性の高い対策をとりまとめたものである。ウイルス対策が適切に実施されて
いることを監査する項目についてまとめたもの。3ウイルス被害の拡大を
防止するため。感染したプログラムを含むフロッピー ディスク等は破棄すること

標的型攻撃メールによるリスクを下げる。標的型攻撃メールへの対策を怠ると。企業や組織は重大な被害を被る可能性が
あります。メールを受け取った人が添付ファイルを開いてしまうと。その
コンピューターはウイルスに感染してしまいます。そのため。標的型攻撃
メールには受信者に嘘を信じさせるための手口が使われています。のかを知る
ためには。「自社が保有している情報の中で攻撃者にとって価値のある情報は
どれだろうか」と考えて最も有効な方法は。送信者情報を確認することです。

質問に答える前に、この問題自体に問題があります。5のみの回答です。ウイルスに感染すると、?内に保存されてる情報を作成者に送信します、ログインIDやパスがブラウザに残ってるとそこからサイトへログインして、ユーザーの情報をサイトから探せます。それを防ぐ意味でパスの変更は効果あります。3は解りません、1,2、4は効果ないと私は思います。①アクセス履歴を見てどうするのでしょうか?②ユーザーにウイルスの有無は解らないからチェックのしようがない。 セキュリティソフトSSを導入するなら解るが???。④バックアップはコピーの事だから、それで何の効果がある? ランサムウエアの事を言っているのか?あれウイルスでないよね。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です