温暖化とは 例えば小学校で習った一日の気温の上り方太陽光

温暖化とは 例えば小学校で習った一日の気温の上り方太陽光。むしろ学校で温暖化は二酸化炭素と教えてます。IPCC等の地球温暖化説信じる人、小学校の理科?工業熱力学などわかってるんでょうか どう見て分かっていらっゃる思えないの 例えば、小学校で習った一日の気温の上り方、太陽光温室効果ガスよる大気温度の上昇など全く別世界でおこるこのよう考えられているようね ほん高学歴泣きますよ

ころで冬って絶対湿度低いんかね 気圧高いの、空曇ってて湿気多そうなの寒い 温暖化とは。近年。産業活動が活発になり。二酸化炭素。メタン。さらにはフロン類などの
温室効果ガスが大量に排出されて大気中の濃度が高まり熱の吸収が増えた結果。
気温が上昇し始めています。これが地球温暖化です。 増え続ける温室効果ガス例えば小学校で習った一日の気温の上り方太陽光温室効果ガスよる大気温度の上昇など全く別世界でおこるこのよう考えられているようねの画像をすべて見る。

温室効果ガスってどんなもの。大気の中には二酸化炭素などの温室効果ガスがわずかに含まれており。この気体
は赤外線を吸収し再び放出する性質があります。 このため。太陽からの光で温め
られた熱赤外線は。地球の表面から地球の外に向かって放出されます。
赤外線温室効果がないと。地球の表面温度は-℃となってしまうと考えられ
ていますが。温室効果のため地球の平均気温は消費するようになり。
エネルギーをつくるため。石炭や石油。ガスなどの化石燃料を大量に消費する
ようになりました。地球温暖化はどのように起きているの。地球は太陽からのエネルギーで暖められ。暖められた地表面からは熱が放出され
ます。その熱を温室現在の地球の平均気温は℃前後です。これは。図のよう
に。二酸化炭素や水蒸気などの「温室効果ガス」のはたらきによるものです。
もし。温室効果ガスが全く存在しなければ。地表面から放射された熱は地球の
大気を素通りしてしまい。その場合の平均気温は-℃になるといわれています
。このため。温室効果がこれまでよりも強くなり。地表面の温度が上昇してい
ます。

二酸化炭素は本当に地球温暖化の原因か。そのため。これまでは特に疑問に感じなかったのであるが。ふと。温室内の温度
が上昇するのは。太陽光で暖まった空気を外に逃がさない参考文献1の35頁
には。温室効果ガスによる地球温暖化の簡単な説明の後に。温室内の温度上昇
について次のように記載されている。そして。21世紀の気候予測について。
残りの7人は「わからない」と考えている。このように。二酸化炭素原因説
肯定派でも。「水蒸気は。確かに最大の温室効果を持つガス」であることを認め
ている。

むしろ学校で温暖化は二酸化炭素と教えてます。子供の頃勉強に興味がなく高校生ぐらいから将来のために勉強したほうがいいときずいて勉強したので小学校の問題より高校の問題のほうが得意です。なので小学校の頃のはよく覚えてないけど中学では理科でも社会科でも温暖化は二酸化炭素という内容のをやった覚えがあります。6年生の地球温暖化の授業寒い時、高湿度あるいは風が強い場合は体感温度がより低くなります。科学者で信用してる人はほとんどいないと思いますけどね。みんなお金のためだと思います。はっきりいって地球温暖化なんかに比べたら化石燃料の枯渇の方が100倍深刻な問題であって、それを世界各国で対策をしようものなら原油価格が高騰し下手すれば戦争に発展するかもしれません。何十年か先を見据えたソフトランディングとして地球温暖化仮説はとても有効だと思います。考えた人は天才でしょう。聞きたいのですが、建築土木の構造計算に、材料の分子間力とか、計算しますか?コリオリの力は、打った大砲の玉にもかかります。しかし、微々たるものです。また、知ってると思いますが、海洋物理では、z軸地球接線面の中心軸方向のコリオリの力は無視します。海洋物理学では、水の性質など、しこたま勉強してから、その集団を学びます。土木の構造計算に、分子間力なんか計算しますか?それらは、集団の性質として、他の値公表している数値で、置き換わっているはず。地球温暖化説の本質は、何度も説明しているように、信じる信じないの問題ではないのです。下でも、色々書かれていますが、地球温暖化には、以下の問題があります。①地球温暖化は事実か否か②地球温暖化が事実だとして、その原因は温暖化ガス主としてCO2か否かまず、地球温暖化については、世界中から科学者が3千人も集まった国際会議COP21で、95%以上の確率で温暖化が進んでおり、その原因は温暖化ガスと考えられる、との結論が採択されました。そもそも、地球温暖化問題の本質は、それが事実か否かということよりも、事実であった場合に、地球環境変化の影響度合いが著しく大きい可能性があること、事実と確認できてからでは対策が間に合わない、ということです。台風、大雨などで、避難勧告、避難指示が出るのは、本当に避難する必要が100%あるから出すのではなく、洪水、土砂崩れなどが発生する可能性があるからです。地球温暖化問題も同様であり、地球温暖化が進んでいる、その原因が温暖化ガスである可能性があるから対策を採るべきなのです。IPCC第5次評価報告書では、可能性が高い95%以上の確率と言っているのですから、事実である前提で対策を採るのは、リスク管理、危機管理上は当たり前のことです。地球温暖化が事実で無い場合には、人類、地球にとってハッピーであって、事実であることを前提とした対策を取るのは当たり前のことなのです。何も対策を採らずに事実であった場合には人類、地球にとって悲劇となり、しかもその影響は破滅的かも知れないのです。地球温暖化問題は、100%事実と分かってから科学的には100%事実と証明されることはありませんが対策を採れば間に合う問題ではなく、早期に着手し、長い時間を掛けて対策を採っていく問題なのです。地球温暖化問題については、原発推進理由になるという理由から、反原発を主張する団体や個人から、地球温暖化懐疑論が叫ばれていますが、上で述べた理由で、事実である前提で対策が必要ということです。なお、地球温暖化、CO2排出ということで考えれば、原発は温暖化対策になるのです。電源別、ライフサイクルCO2排出量は以下の通りです。単位はg/kWh石炭火力:943石油火力:738LNG火力:599コンバインドLNG火力:474太陽光:38風力:25原発:20水力:11また、人類にとって、化石燃料は貴重な資源であり、輸送、物流、化学の分野では欠かせない資源です。また、取扱が比較的容易でもあり、発展途上国のエネルギー源としても貴重な資源です無資源国の日本も同様。そんな中で、先進国が、電気を得るために貴重な化石燃料を大量に燃やし続けていて良いのか、という問題もあるのです。現状は、世界の20%の人が、世界の80%のエネルギーを使っていますが、このままで良いのか、という問題も、また世界では、人口、エネルギー消費量が増え続けているという問題もあるのです。1次エネルギーは化石、核原子力、再エネの3種類しかないのですから、全てのエネルギーが重要であるのは当たり前のことであり、それぞれ特徴が異なるのですから、その特徴を踏まえ、日本だけではなく、世界人類でも3種類の1次エネルギーを上手に使っていく必要があるのです。2000年までの温暖化は人為的に排出したCO2によるものではなく、1900年代後半の1000年ぶりの活発な太陽活動、現代極大期による自然現象です。太陽活動、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動と気温の相関係数は極めて高く、0.98です。同じ時期のCO2と気温の相関係数は0.66で、因果関係がない偽相関です。過去6億年でみても、宇宙線強度と気温にはスベンスマルク効果で高い相関がありますが、CO2濃度と気温には、全く相関がありません。古生代にCO2濃度4千ppmでも氷河期はありました。1000年前の中世温暖期は3割少ない280ppmでも、気温は現在と同程度でした。6000年前の気候最適期は3割少ない280ppmでも、気温は現在よりも2度高温でした。2000年以降、CO2濃度は1割近くの36ppmも上昇しましたが、衛星観測による気温は横ばいのままで変わっていません。CO2濃度が低いと低温、高いと高温という温暖化CO2原因説は成り立ちません。二酸化炭素は地球温暖化の原因と学校で教えていますが、本当は間違いです。温暖化CO2説は1980年代からCO2を悪者にして原発を推進するために、科学的事実とは無関係に政治的に主流となっている「えせ科学」です。もともと成り立たないと、長年にわたって学会で退けられていましたが、1980年代に科学を無視して、政治的に主流になりました。CO2濃度の上昇が赤外線の吸収を増やし、温室効果を高めると実験で立証した科学者はいまだかつていません。一方、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収は増えないし、温室効果も高まらないことを実験で立証した科学者はいます。CO2が温室効果ガスであることを発見したチンダルです。チンダルは、その後の実験で、CO2濃度を2倍にしても、赤外線の吸収が変わらないことを見出しました。 1900年頃の科学者たちは1896年発表のアレニウスのCO2温暖化説はチンダルの実験結果で論破されているとして、全く支持しませんでした。 このチンダルの実験の追試はクヌート?オングストロームによって行われ、同じ結果が得られています。いまだに、これらの結果を覆す実験結果は得られていません。CO2の400ppmの赤外線吸収スペクトルと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほぼ同一ですから、これらの結果も当然のことです。CO2に温室効果があるから、当然、CO2濃度が上昇すると温暖化するに違いないと思い込んでいる非科学的な人があまりにも多すぎます。温暖化CO2説では、CO2が多くなると地球から宇宙へ出る放射がCO2により多く吸収されるようになり、地球に熱がたまるから温暖化するとされています。しかしCO2が吸収できる遠赤外線は波長15μm付近だけです。15μmの地球放射は10m未満の高さでCO2に全部吸収されていて吸収されずに宇宙まで進んでいるものはありません。15μm付近の地球放射の宇宙への透過率はゼロですから、その波長ではCO2による温室効果が100%で、放射冷却していません。従ってCO2濃度が高くなってもさらに多くの赤外線を吸収することはできず温室効果の増大も温暖化も物理的にあり得ません。大気通過後の放射スペクトル分布CO2の赤外線吸収波長15μm付近の地球放射の宇宙への透過率はゼロです。その波長では放射冷却が起きていませんから、CO2濃度の上昇による温暖化は不可能です。大気の窓赤外線吸収飽和論に対して、地球温暖化CO2説をまだ信仰している方々から4通りの反論がありますが、どれもこれも屁理屈ばかりで成り立ちません。反論1 CO2濃度が高くなると15μm付近の赤外線吸収波長域の幅が広くなるから、温室効果が高まる余地がある。ところがCO2の赤外線吸収域に隣接した波長域はCO2の50倍前後存在する水蒸気の吸収波長域であり、既に水蒸気に吸収されています。CO2濃度を2倍にする実験でも赤外線の吸収はほとんど変わらないことがわかっています。追試も同じ結果であり科学者達はこのことを知っていたため地球温暖化CO2説は既に論破されているとして、全く支持されませんでした。学会も長年にわたって成り立たないとしてCO2説を退けてきました。CO2の400ppmと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほとんど同一で、赤外線吸収域の広がりはなく、濃度倍増で赤外線吸収が増える余地はありません。反論2 地球放射を吸収したCO2は半分を地表の方向に、半分を上の方向に再放射する。上に向かった再放射は上の層のCO2に吸収されて、さらに上方向に再放射される。この吸収と再放射の繰り返しが行われて最終的に赤外線は宇宙へ出る。CO2濃度が高くなるとCO2による吸収と再放射の繰り返しが多くなるから、温室効果が高くなる。反論2は多層大気モデルと呼ばれているものですが、地表では上向きの15μmの地球放射と同じ大きさの下向き大気放射が観測されています。ということは上向きに再放射と吸収の繰り返しで宇宙へ出る赤外線は存在せずCO2による再放射は一度上方向へ出たものも含めて全て地表に戻っていることになります。従ってCO2の赤外線吸収波長では正味の放射はゼロであり、多層大気モデルは机上の空論です。大学の講義で教えられている大気を1層としたモデルでも地球放射をCO2が吸収した後の再放射の半分は宇宙へ向かうことになっていますが、同様に誤りであることが明らかです。観測で否定されるモデルは机上の空論、えせ科学です。反論3 低圧低温の高空ではCO2による赤外線の吸収は飽和していないため、温室効果が高まる余地がある。1952年にプラスが主張し、ペティの図が引用されて、その説明に使われています。ところが、この図はわずか1mの長さの空気柱で、低圧低温として行われた実験によるもので、現実の世界と比べてあまりにも短いのです。実際の成層圏下部は1万mの厚みがあります。1mで50%の赤外線吸収率でも、5mもあれば100%の吸収率になってしまいます。当然1万mの厚みの赤外線吸収率は100%で、透過率はゼロです。成層圏下部では15μmの赤外線の透過率はゼロという図もあります。地表から出た15μmの地球放射は高さ10m未満で全部CO2に吸収されて、成層圏下部まで届きませんから、成層圏下部の赤外線吸収は温室効果と無関係です。反論4 CO2濃度が高くなるとCO2による宇宙への放射の高度が高くなる。その高度は元の放射高度よりも低温だから、放射平衡を満たすようにその高度の温度は元の放射高度の温度まで上がる。高さによる温度の勾配は一定のはずだから、地上気温も高くなる。真鍋淑郎氏の放射平衡による温暖化の理論をもとにしたものですがCO2による宇宙への放射の高度は高さによる温度勾配がある対流圏ではなくて、-53度の高さによる温度勾配がない成層圏下部です。従ってCO2濃度が高くなって、放射高度が高くなったとしても、元の放射高度と温度は同じですから放射平衡を満たすように温度が上がることはないし、その結果、地表温度も上がりません。温暖化CO2説は1980年代から科学的事実とは無関係に政治的に主流となっている「えせ科学」です。現代の天動説です。1896年のアレニウスによる発表以来、もともと成り立たないと、長年にわたって学会で退けられていましたが、1980年代に原発を推進するため、科学的知見を無視して、政治的に主流になりました。無実のCO2は濡れ衣を着せられて、悪者にされてしまいました。政府の意向を受けて派遣された御用学者と国連官僚からなるIPCCは科学を装った報告書を出しています。IPCC等の地球温暖化説はどうでもいいが、それを原発の再稼働要因と結び付けるなよな。それさえしなければ ご自由にワールドスタンダードを否定して、どこぞの気象学も解らない奴の言葉を信じる辺りが、反対派の謎知能です。質問者の質問自体がトンでも論であり、それを基準に考えてるのがオカシイのです。地球はコロボックルが、回してるレベルの話をしてます。笑ところで冬って絶対湿度が低いんですかね。もちろん気温が低ければ、飽和水蒸気量も下がりますので→冬?は、太陽高度角度が低いので、太陽からの放射エネルギー密度が小さいんでしょう?寒いのもあたり前じゃあないかしら?気象予報士は試験があるでしょう?地球温暖化についてはみな合意していると思います。IPCCのメンバーの科学者専門家は全世界で4000人いますが、みなさん論文を書きまた論文を評価しあったりしてますよ。小学校の理科以上学問が深いと思わないの?小学校で工業熱力学って?工業熱力学って簡単に説明できますか?>ところで冬って絶対湿度が低いんですかね。気圧が高いのに、空は曇ってて湿気が多そうなのに寒いです。 日本の冬は気圧配置は西高東低に普通はなります。その場合日本海の対馬海流との熱交換で大気は多くの水蒸気を貰って日本海側では多くの降雪になります。日本海側の降雪中は湿度は100%近くになりますよ。知らないんですか?太平洋側では日本の山を越えた風が来て湿度が低く晴天の日が多くなるんです知らなかったんですか?あなたは天気予報を見た事ないんでしょうかね。親切に教えてくれていますよ寒さと温度は違います湿気が多くて気温が低く空が曇っていて日差しがない場合高湿度では熱伝導率が高まり非常に寒く感じます。さらに風が強ければもっと寒くなります。気温がマイナス0度以下なら大気が水蒸気が持てずに熱伝導率が下がって体感温度はそれ程でもなくなりますが、さらに下がればやはり寒いのです太平洋側では湿気も少なく日差しが強いため、日陰はマイナスの気温でも日向では直接太陽からの日差しで温かく関します。日陰と日向の温度も違います天気予報を見る事を勧めます。こういう事が分る様になりますあなたはパツキン博士ですか?地球温暖化説は完全に否定されており、地球寒冷化が今の主流に成りつつあると言えるのであります。 武田教授が暴く、「地球温暖化」が大ウソである13の根拠 地球温暖化についてのIPCCの予想シナリオ下のリンクのようなモノを信じるバカが居るのであり、小学生でも解る事を信じて止まない連中が居ると言う事であります。

  • 高品質の人気 リーンバルクって決められたpfcいないなら
  • nasaゲーム問題 大学のゼミでクイズ文の形式でレポート
  • 砂糖大さじ1 蜂蜜の代わりに砂糖を使いたいのですが蜂蜜1
  • 当面の間は 当分の間は英雄のローミング専用回線になりそう
  • ブラックリストとは もし自分が会社の代表をしていて個人で
  • Add a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です