黄泉比良坂よもつひらさか 夫イザナギ死んでまった妻イザナ

黄泉比良坂よもつひらさか 夫イザナギ死んでまった妻イザナ。神話と言うのは結論ありきですので、ifを考える余地はありません。古事記黄泉の国いうイザナギ、イザナミいう国作りた夫婦の物語よね 夫イザナギ、死んでまった妻イザナミ黄泉連れ戻そうする、イザナミの「生の世界へ戻れるよう黄泉の神々話てきまょう で待っていてくださいね 黄泉のみてなりませんよ」言い残たイザナギ待ちきれず、イザナミ探出す 腐敗たイザナミの姿見たたん逃げ出す 事きっかけでイザナギイザナミ捨て、裏切られた哀み怨念生の世界の人間一日1000人ずつ殺すこたイザナミ イザナギ神々の結論出る待っていた、あるい腐敗たイザナミの姿見て逃げたりせず、「おお愛きイザナミよ、いう姿 かどんな姿でそなたワシの愛き妻変わりない さあ、生の世界へ帰ろうぞ 」くらいの事いったのなら結果変わったのでょうか オルフェウスとイザナギ:「見たなー」。中でも。数々のオペラやアルトーなどによって映画にもされてきた
オルフェウスが死んだ妻を冥界から連れて帰ろうとする話は。死んだ妻の
イザナミを黄泉の国から連れ戻そうとしたイザナギの話と驚くほどそっくりです

古事記?[3]黄泉の国のおはなし。古事記?[3]黄泉の国のおはなし 神社人は。日本を楽しむ日本最大の神社
ファン?コミュニティを目指す。ジャパン?カルチャル?そして。その最初に
登場するのが。これから始まるイザナギとイザナミの黄泉の国エピソードとなり
ます。 妻。黄泉の国は。日本神話における死者の世界で。いわゆる「あの世」
の世界です。しかし。既に。黄泉の国の住人となってしまったイザナミ
にとって。これは大変難しいことではありました。前の話へ戻る次の話へ
行くに戻る日本神話「古事記」の神々と物語をわかりやすく解説。世界的にも珍しい日本神話『古事記』で見られる人間の本質『日本書紀』と同
時期に綴られた『古事記』の魅力日本神話において語られる神様は。たとえば
スサノヲノミコトのように。素晴しい行いもするけれどもその黄泉よみの
国の住人となったイザナミを恋しく想い。耐えられなくなったイザナキは黄泉の
国に出向き。なんとか愛する妻を連れ奥さんが死んでそれを亭主が追いかける
神話は。ギリシャ神話のオルフェウスにみられるように。世界各地に

イザナギとイザナミの国造り。海の上を。何かどろどろ。ふわふわとした。くらげのようなものがただよって
いるというありさまでした。 「このままではいけない」 そう話し合った高天原の
えらい神様たちは。イザナギノミコト。イザナミノミコトという二人の神様に。
天沼イザナキとイザナミ<黄泉の国訪問>。スサノオの父神となるイザナキと。その妻イザナミ* をめぐる物語です。
イザナミは火の神であるカグツチを生んだために死んでしまい。黄泉の国
根の国。死者の国へ去っ黄泉比良坂よもつひらさか。そこは。生と死の境といわれる地。ここを潜ると死の世界だと言わんばかりで
。肩にずしりと何か乗ったような気がした。 石柱の先には。イザナギは
亡くなった最愛の妻イザナミに逢いたくて跡を追い。死者の国である黄泉に行っ
た。イザナギが妻を黄泉の国の神に相談しますので。その間は決してわたしの
姿を見ないでください」と言って。消えてしまった。ならば。黄泉比良坂に
あった石碑には子宝のご利益があり。つの大きな石は夫への戒めを象徴するもの
? なには

神話と言うのは結論ありきですので、ifを考える余地はありません。「見たな?!恨めしや?!」イザナミに、取り殺されたイザナギは黄泉の国でイザナミと末永く、暮らしましたが大八洲に天照大神、月夜見尊、須佐之男尊などが現れる事もなく、従って天孫降臨もなく、日本と言う国もなく、蝦夷?土蜘蛛?熊襲?隼人らが、それぞれの地を治めましたとさ!こんにちは、古事記はそうなっていますね。日本神話は古事記ばかりじゃなく日本書紀や各地の風土記にも記されています。他にも文献は探せばあります。日本書紀では、このイザナギ、イザナミの話に対応する部分は本文を含めて12の異伝が収録されています。古事記と似た話はその内2話程度です。中にはイザナミが亡くなったことすら書かれていない異伝もあります。でも、これだと、神道で儀式の前に必ず奏上される修祓と呼ぶ祝詞の謂れが無くなってしまって都合が悪いのですが。私のお勧めは、上つ記と言う古文献です。これは学界では偽書と呼ばれているものです。古事記も偽書の疑いが無きにしも非ずなんですが。で、この上つ記に記されているイザナギ、イザナミの物語は、特異です。全体として上つ記はカンヤマトイワレ彦の命神武天皇までの神話部分までですが、ほぼ古事記と同じエピソードが記されていますが、古事記のそれぞれのエピソードが夫婦や兄弟が相争い、仲たがいする話ばかりと言っていいほど、非道い話ばかりですが、上つ記では概ねハッピーエンドです。また、内容は古事記を圧倒的に凌駕する分量で、古代の文化や生活など古代の百科全書とも呼ばれています。このイザナギ、イザナミの話も一味違っています。イザナギは黄泉の国へ行く前に一度、高天原に昇って天津大神たちに相談します。そうすると、天津大神はイザナギにイヨブセと言う蘇生法を伝授します。それを持ってイザナギは黄泉の国に行きイザナミを助け出します。黄泉の国から逃げる場面は、追いかけてくるのがイザナミではなく、黄泉津大神だったかなに代わっただけでほとんど古事記と同じです。逃げ帰ってから同じように筑紫日向の橘の小戸の阿波岐原で、禊を行います。古事記のイザナギだけの寂しい禊と違って、イザナギ、イザナミが互いに禊し合う個人的な感想ですが、ギリシャ神話のような絵を想像してしまいます。それにより3貴神が生まれるわけです。イヨブセなんて掟破りじゃないか、と思われるかもしれませんが、古事記では、時代がずっと下った大国主命は2度も殺されて、2度とも蘇生され生き返ります。蘇生は古事記では何故か大国主に対してだけですが、上つ記では色々な神様が蘇生されています。大体、大国主より神格が高いある意味何でもあってもいいイザナミが蘇生されない方が不自然です。ご興味あれば、史実から行くと卑弥呼大日靈女 の両親がイ??? ??夫妻「イザナギ、イザナミの命」と言うのは、中国の思想である「陰陽」の事で、「陰と陽が交会すると、稲光が発生して雷鳴がし、万物が生成すると言われています」。中国では「伏羲と女媧」と言っています。神話では、国生みをし、各種の神を創作し、黄泉の国でも神を作っています。ここでは、神を造ると同時に、「埋葬後の墳墓には入らないと言うタブー」と「女性が嫌だという事は、決してしない」と言うよなことを伝えているのかと思います。そこで質問者の方への回答ですが、「二人がもっと仲良しであれば、もっとたくさんの神々を創作したと思います」と言うのはどないでしょうか!あなたのご質問に笑いました。古事記って、わははははって笑うエンターテイメントな民話の集合体みたいなものでしょうからね。でもおっかしいですよね。思わず追いかけてしまうイザナミもね笑マジメに古事記を読んでも仕方がありません。ギリシャ神話も同レベルにハレンチなんだそうです笑>もしイザナギが神々の結論が出るまで待っていた、中略>結果は変わったのでしょうか? そりゃぁ、話の筋からしたらそうなるはずですよね。ただ、ギリシャ神話にオルフェウスがイザナギの様な役をする話があるのは良く知られていますが、辞書?事典類がまとめて引けるネット上の”コトバンク”で見られる『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』の”冥界訪問神話”の説明を引用すると…~~上界に属する神または英雄が,生きたまま地下の死者を訪問し,またそこから帰還したという内容の神話。ギリシア神話のオルフェウスの話が最も有名だが,ギリシア神話にはこのほか,ディオニュソス,ヘラクレス,テセウス,オデュッセウスなど,多くの神々や英雄を主人公とする冥界訪問譚があり,より古くメソポタミアの神話には,イナンナ=イシュタルを主人公とする話があった。日本神話のイザナギの黄泉国訪問譚も,いうまでもなくこのタイプに属するが,オルフェウス神話と特によく類似している点が注目される。オルフェウスとイザナギの神話によく似た話は,ポリネシアと北アメリカの先住民の伝承中にも多数見出される。~~とあるように、実際には、類似性はオルフェウスとイザナギだけじゃないし、「一つの神話の伝播」とは考え難いような分布をしています。これが何故そうなったのか、例えば、人間って同じ様な”発想”をしてしまうものなのか、とかは、ハッキリはしませんがハッキリのさせようもありませんが、似たモチーフがいくつもあるところからすると、恐らくは、「見るなと言われても見てしまう」ってところに神話自体の意味はあるのだろう、と考えた方が良いのでしょうね…ただ、こういった神話がギリシャでも日本でもその他の地域でも現在に伝わってきたのは、『あ~ぁ、見なきゃよかったのに…』とか『う~む、見るなと言われても、確かに見ちゃうんだよなぁ…』とか思った人達がいて、そこにこの神話の『面白み』を感じたから、というのも充分考えられる事ですので、質問者の方がそういう読み方をする事自体は、『神話の楽しみ方』としては、私はケチをつける気は毛頭ございません。誰も証明は出来ませんが、「自分と同じ様な事を大昔の人も思ったのだろうね」と質問者の方は考えられれば宜しいのでは無いでしょうか…人間に生と死の概念がなくなって、世代交代みたいな概念もない世界になったでしょうか。といっても人間はそういうものじゃないですよね。イザナギがどうしようが、人間は子供を作るしやがて死にます。他の方のご回答にもある通り、神話は結論ありきです。なぜ人は生まれてくるのか、なぜ死ぬのか、死んだらどこに行くのか、死んだ人間はなぜ帰ってこないのか。こういう原始的な疑問に答えを与えるのが神話です。イザナギがどうしたから人間が死ぬのではなく、人間が死ぬからイザナギの行動になったのです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です