commonsense/metanl 少年事件起きる度少

commonsense/metanl 少年事件起きる度少。そういう人は少年法を理解してない人です。少年事件起きる度「少年法甘い」「少年法廃止ろ」「少年法てある少年犯罪減らない」いう意見(特ガールズちゃんねる多い)出てきます、本当少年法少年犯罪助長ているのでょ うか 確か少年法逆手って犯罪走る未成年、少年法の補導制度よって犯罪の芽事前摘むこできるので、一概少年法少年犯罪助長ている言えない思 少なく少年法犯罪起こた少年甘やかすための法律でない思commonsense/metanl。ない ます 「 ある
という その 的
年 いう 多い
意見 事件 犯罪 少年
廃止 法的 甘い 起きる
チャンネル 減ら 本法
ガールズ

本当に廃止してよい。川崎市で中学年生の上村遼太君の遺体が発見された事件について日。
少年人が殺人容疑で逮捕されました。残虐な事件の実行犯が少年であったという
ことが明らかになり。少年法に対する関心が高まってき少年法。女子の女子による女子のためのおしゃべりコミュニティ。女子の好きな話題に
みんなでコメント。みんなで投票して盛り上がれる匿名掲示板「ガールズ
ちゃんねる」へようこそ。「少年法って本当に必要なの。凶悪な少年犯罪が起きるたび。少年法への関心が高まります。 川崎市で中学
年生の男子生徒が少年グループに殺害された事件を受けて。「少年法を改正す
べき」「少年法なんていらない」という声が多くあがっています。少年法
により。多くの非行少年に更生の機会が与えられていることは大変意義があると
個人的に実感していますしかしながら。「少年であろうと罪は罪。犯罪者に
違いないのだから重罰にすべき」という極めて雑な考え方には同意できません

厳罰化や廃止論も。年月に改正民法が施行され。「成年年齢」が歳に引き下げられます。「
大人といえば歳以上」という私たちの常識が変わることになります。ここで
問題になるのは。さまざまな法律で「歳以上」「少年だから甘くしよう」は誤解。日弁連など団体は月日。山下貴司法務大臣に宛てて。少年法の適用年齢を
引き下げないよう求める連名の意見書を提出した。 少年法の適用年齢については
。年から法制審議会で「歳未満」から「歳未満」に

そういう人は少年法を理解してない人です。刑法と区別がついてないのでは。少年法って家裁の少年審判の手続き法ですよ。少年犯罪を助長してると勘違いしてるだけ。>確かに少年法を逆手にとって犯罪に走る未成年もいますが、いやいないでしょ。少年法の条文て専門家でも難しいですよ、ド素人の子供が逆手になんてとれません。逆手にとったつもりでいるだけ。一体少年法のどこを逆手に取るのか、過去に少年法によって助長されてる犯罪があるなら教えて欲しいもんです。家出やイジメ、深夜徘徊、風俗ギャンブル、これら大人なら自由だけど子供に同じ権利を与えると犯罪に巻き込まれる。それを防止するために補導して施設へ送る効力もあります。刑法では14歳未満は刑事責任に問えないので野放し、それでは困るので少年法によって少年審判ができます。まるで犯罪を前提に言ってる人ばかりですが、犯罪ではない虞犯行為にも少年審判の対象にできるのが少年法です。成人と違う処分をする為の法律、だから成人より減刑される場合もあれば厳しく処分される場合もある。どちらが妥当か審判する、その手続きをするのも少年法。例えば母親が子供を塾へ入れる手続きをする。しかし先生が全く勉強を教えなかったので成績が上がらなかった。それって手続きした母親の責任ですかね?再犯したらそれは本人の資質や施設の教育方針や社会環境の問題でしょ。なのに判断を下した裁判官ではなく、手続きした少年法のせいにする人が多くて呆れます。少年法は手続きしてるだけなのに悪法だの不要だの、トンチンカンな発言もいいとこです。少年法がなかったら非行少年を入れる少年院もなくなり悪ガキが野放しになる。それこそ犯罪の助長になるのは目に見えてるでしょ。深夜のコンビニで小学生がたむろしてても警察は補導できない、暴走族も少年院に送る事ができずに大人みたく罰金払って終わり。そんな世の中おかしいと思いませんか?善悪の判断はできるけど悪いと分かってて理性で抑えられず悪さをする、真似をして不良に憧れる、周りに感化されやすいから大人と同じ刑務所に入れたらヤクザや裏社会の連中に感化され再犯する、だから思春期や反抗期は違う処分にする必要があるんです。最終的には治安維持のためです。治安維持と言うと「そんなの条文にない」とか因縁つけてくる回答者がいますが。まあ、これはいつも私の回答を付け回して因縁つけてくる奴なのでどうでもいいですが。毎回私の回答に因縁付けるのが目的でついでに質問に答えてる感じ。必死で過去の回答も遡ってリンク貼って因縁つけたがる、つまりこのような執拗に追いかけたり頭の固い人は危険人物で少年犯罪を助長します。この様に大人が間違った解釈を広げる、それを見た少年が少年法を勘違いする。まるで少年法があるから許されるみたいな。そんな許される法律があるわけないから。少年法で甘やかしたなんてそんな事例があるなら教えて欲しいもんですね。少年犯罪を助長してるのは間違った解釈を広げてる大人達です。全部なくせとは思いません。計画性があり社会に対して不安を与える悪質なものは少年法の適用外にすれば良いと思います。被害者の立場からすると相手が未成年でも成年でも被害は変わらないのに刑罰は変わるのはおかしい。そういった感情でしょうね。それに共感する人がいるのは無理の無いことでしょう。少年法はそもそも日本がアメリカに敗戦し、国家財政も破綻しかけて社会福祉も何もあったもんじゃない時代に、貧困などを背景に、保護者もなく犯罪に走るしかなかった青少年に対する情状酌量のような意味で作られた制度です。つまり現代には全く不要ですが、これを改正しようと言えば例によっておかしな左よりの連中が騒ぎ立てるので政治家的には手をつけたくない分野ですね。それでも運用面や法改正などはされて来ており今以上の改善、正常化も視野に入りましたが。少年法の議論では、少年法を理解していない人が多すぎますね。そもそも、少年法は可塑性に富む少年に適切な厚生のための処遇をするものですから、時折話題となる凶悪な犯罪を犯した少年の事案は限界事例です。そのような少年は逆送されて大人と同じ刑事処罰をうけますので、本来は少年法の問題ではありません。少年法があるから重大犯罪が助長されるというのは、死刑があるから自殺志願者の無差別殺人が助長されるというのと同じです。まあ、この手の話を聴くと、ちょっと笑ってしまう。というと、これは不謹慎か、、、、まあ、毎年、警察庁から「少年非行、児童虐待 及ひ?子供の性被害の状況」という統計資料が発表される。で、平成29年においては、刑法犯少年の人員数、人口比統計の対象年齢の少年の人口での比ともに過去最低を記録しているんだよね。で、戦後で最も少年による刑法犯が多かったのは、昭和30年代の中頃。昭和36年版犯罪白書によると、昭和34年の刑法犯少年の人員数は、139,618人、人口比1000人中12.0人なんだな。これに対して平成29年では人員数は26,797人、人口比では3.8人。言わずもがな、、、「最近の少年の犯罪が云々」と話す高齢者をみると、「いや、、、あなたたちの世代よりはマシ」なんて思ってしまう。なんて話をすると、いやいや最近の少年犯罪の方が凶悪化していて、、、なんて話が出てくるけど、昭和34年の刑法犯少年の検挙人数でいうと、強姦4,530人恐喝13,479人強盗2,550人傷害16,005人放火189人殺人1,444人これに対して平成29年の刑法犯少年の検挙人数は、強制性交等96人恐喝375人強盗251人傷害2,135人放火46人殺人45人数の桁が違うよね。とか言い始めると、いや昔は貧しくて、それ故に犯罪に、、、、なんて話しが出てくると、、、たしかに、最近は貧しくなくても、犯罪に走る高齢者は多いよね。近年、高齢者の犯罪の多さが問題になっていて、平成28年中の犯罪の検挙人員の年齢層別の比率でいうと、65歳以上が20.8%に対して20歳未満の少年が14.1%なんだよね。逆転しているんだな。ちなみに刑事訴訟法第482条で、検察官の指揮によって、懲役などの刑の執行を停止させることができるんだけど、その事由の一つとして、刑の言渡しを受けた者が70歳以上の者ってあるんだよね、、、、いやー高齢者って事で、刑の執行が免除される!?高齢者は甘やかされているから、高齢者の犯罪が増えている!これはけしからん!刑事訴訟法第482条第2号の規定はなくせ!って、話が脱線してしまったけど、まあ、そんなことを正気で話すわけがない。少年法云々って話が出てくるとき、あまりにも古い話が多すぎる。女子高校生コンクリート詰め殺人事件は平成元年。もう30年も前の話で、平成13年の大津市での殺人事件も17年も前の話。平成12年、19年、26年と少年犯罪に関して刑法と少年法は3度に渡って厳罰化の方向で法改正しているんだな。で、概ね刑法犯少年を減らすっていうことでいえば、ここまでが限界かなって思っている。というか、先進国の中ではここまで減少をさせることができた国はないんだな。どうして少年犯罪が多いと思われるのか?というと、ちょっと古い話になるんだけど、2013年の統計では、日本の人口10万人での検挙人員では、18歳未満が279.6人に対して、18歳以上が192.6人。同様の統計について、日本以外の国では、18歳未満/18歳以上で示すとアメリカ 1445.1人/4175.2人ドイツ 1432.1人/2370.5人フランス1384.0人/1814.5人スウェーデン527.2人/1263.5人ロシア228.7人/818.7人で、この絶対数が問題ではなく、比率。検挙人員の18未満/18歳以上その数値が1を超えるのは上記の中では日本のみ。で、軒並み成人になってからの検挙人数が多いんだな。で、上記の人数は人口比であることに注意が必要で、諸外国では成人になってから犯罪に走る傾向にあるってことなんだ。逆に日本では成人前は犯罪に走る傾向があるため、少年犯罪が多いっていうイメージになるんだな。しかし、一方で成人になってから犯罪が抑えられているといえる。じゃあ、社会としてどちらが望ましいのか?って話なんだな。↓にakuって変な奴が居るそんな論点じゃないんだが甘やかす法律でしょ逆送されても、罪一等を免じるんだから補導じゃなくて逮捕でもいいんじゃね仰るとおりですね。少年法を悪法と言ってる人間はまったく法律を理解していない、一部の犯罪だけで判断してる単細胞です。少年法がないということは、世の中の少年に関する法律?条例等がすべてなくなると言っていいわけですからね。ということは補導もできない。極端な話し、小中学生がタバコを吸おうが酒を飲もうが自由になってしまう。そこまで考えてないでしょうね。一部の物事だけでその法律すべてを否定できるほど、法律というのは狭くないです、本当に必要なければとっくになくなってますからね。いーや、少年法は悪法でしょ。2001ねんの滋賀県の事件イジメじゃなくて、3月に起きたリンチの犯人は少年法を利用したんですよ?リンチ犯人は1985ねん8月26日生まれです。

  • 4/1&39;16 経済は心配ですがこのままの生活がしば
  • 符と点数計算 チーして一気通貫のみ他が順子だとロンの場合
  • スーパードラゴンボールヒーローズ 宇宙樹から生まれる宇宙
  • 知らなかった 動きが大きいということは冷房より暖房の方が
  • ガソリン価格推移 これからの灯油価格の推移
  • Add a Comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です